※交通事故トラブル、弁護士に相談する前に

自分が加害者で過失割合が高い場合、弁護士に相談してもかえって経費がかさみ、損保の特約だけではカバーできないなど、弁護士に依頼するだけ損になるというケースが多く見られます。

また、被害者であっても、過失割合が 相手と同程度の場合は、弁護士費用の方が高くつくため、費用倒れになることがあります。

そのため、弁護士に依頼する際は、過失割合が10:0など自身に全く過失がない場合、もしくは、過失割合が8:2など有利な状況で、後遺障害等級が高い場合に、弁護士に相談することで損害賠償額を正当に受け取ることができます。


【PR】交通事故被害者を完全バックアップします!
弁護士が示談交渉するだけで和解金が大きく違います。

東京新生法律事務所


東京新生法律事務所

氏名 末川 吉勝 (すえかわ よしかつ)
住所 東京都中央区日本橋人形町1-6-2 安井ビル5階
TEL/FAX TEL:03-3808-0771 / FAX:03-3808-0773
アクセス ・日比谷線人形町駅A2出口徒歩2分
・都営浅草線人形町駅A6出口徒歩3分
・半蔵門線水天宮前駅8番出口徒歩5分
・東西線茅場町駅7番出口徒歩9分
・都営新宿線浜町駅A1出口徒歩11分
・東京シティエアターミナル(TCAT)徒歩6分
・東京駅・神田駅よりタクシーで1000円程度
営業時間 9:30~17:30 ※事前予約により夜間対応可能
定休日 土・日・祝
※事前予約により休日対応可能

「交通事故のことで困ったら。」相談できる東京都の交通事故問題が得意な弁護士事務所。

北千住いわき法律事務所の交通事故被害プロモーション
【PR】交通事故の後遺障害認定なら弁護士が対応
相談着手金無料・全国対応

※交通事故トラブル、弁護士に相談する前に

自分が加害者で過失割合が高い場合、弁護士に相談してもかえって経費がかさみ、損保の特約だけではカバーできないなど、弁護士に依頼するだけ損になるというケースが多く見られます。

また、被害者であっても、過失割合が 相手と同程度の場合は、弁護士費用の方が高くつくため、費用倒れになることがあります。

そのため、弁護士に依頼する際は、過失割合が10:0など自身に全く過失がない場合、もしくは、過失割合が8:2など有利な状況で、後遺障害等級が高い場合に、弁護士に相談することで損害賠償額を正当に受け取ることができます。