被害者請求とは


被害者請求とは

被害者請求とは、交通事故の被害者側が、加害者が加入している自賠責保険に損害賠償請求することをいいます。

加害者に賠償資力がない場合や、示談が長引いている場合など、自賠責保険では、「被害者への最低保障制度」として被害者保護のため直接請求権を認めています。

被害者請求は、被害者が直接自賠責保険に請求するため、請求者側に立証責任があり、被害者(請求者)が自ら書類や資料を揃えなくてはいけません。

専門家に依頼することで、一連の手間が省け、提出資料の内容を精査した上で申請することが可能となります。

相手型任意保険会社の一括払いのサービスを受けている場合は、受傷時よりの「診断書」、「診療報酬明細書」、「事故証明書」等の資料を請求する必要があります。

「事故証明書」を取得すると「自賠責保険関係」という欄があり、そこに相手方の保険会社と番号が記載されているため、被害者自身でも被害者請求を行うことで、後遺障害分の慰謝料と逸失利益が請求できます。

優和綜合法律事務所で交通時の被害者救済
【PR】交通事故の後遺障害認定なら弁護士が対応
相談着手金無料・全国対応の優和綜合法律事務所

※交通事故トラブル、弁護士に相談する前に

自分が加害者で過失割合が高い場合、弁護士に相談してもかえって経費がかさみ、損保の特約だけではカバーできないなど、弁護士に依頼するだけ損になるというケースが多く見られます。

また、被害者であっても、過失割合が 相手と同程度の場合は、弁護士費用の方が高くつくため、費用倒れになることがあります。

そのため、弁護士に依頼する際は、過失割合が10:0など自身に全く過失がない場合、もしくは、過失割合が8:2など有利な状況で、後遺障害等級が高い場合に、弁護士に相談することで損害賠償額を正当に受け取ることができます。