症状固定とは


症状固定とは

交通事故に遭った際に、保険会社や医師などから聞く、「症状固定」とはどういった症状のことを指すのでしょうか?

症状固定という言葉は、交通事故損害賠償においてとても重要な意味を有しています。

『後遺障害とは』のページで説明した通り、後遺障害は、交通事故による傷害が治った後でも、身体に残っている障害・症状という定義がありますが、通常の傷害事故同様に医師による診察を受け、医学的に認めらることが必要となります。

症状固定とは、残存する症状に対して、これ以上治療を続けても回復、改善が見込めず、文字通り治癒が困難であるという症状・状態がその後も固定されることを意味します。

つまり、その傷害・症状の回復・改善が期待できなくなった状態を言います。

「症状固定」と判断され、残存する症状については、これを後遺症と考え、後遺障害等級認定申請をすることが可能となり、損害賠償の対象となります。

症状固定には、医学的な意味と、損害賠償的な意味がある

この症状固定には、医学的な意味と、損害賠償的な意味の2つに大別されます。

医学的な意味での「症状固定」とは

傷病の症状の回復・改善が大幅に期待出来なくなった状態を言います。

損害賠償的な意味での「症状固定」とは

賠償関係から見た場合、症状を後遺障害として損害賠償の対象とし、賠償額に反映させる状態となったことを意味します。

「症状固定」を賠償関係から見た場合、賠償期間の終期を意味します。

症状固定日とは

症状固定日の概要

症状固定日とは、後遺障害の程度を評価する基準日のことを指し、後遺障害診断書に記載されます。

つまり、主治医に後遺障害診断書を書いてもらうということは、症状固定をすることと同義であると言えます。

今まで治療を継続していた被害者にとっては、症状固定日を境にして環境が大きく変わります。

症状固定後に、等級認定を受け、「後遺障害部分」として後遺障害慰謝料を請求することが出来ます。

しかし、症状固定をすると、「傷害部分」に該当する治療費や休業損害、入院慰謝料などについては請求することが出来なくなります。

優和綜合法律事務所で交通時の被害者救済
【PR】交通事故の後遺障害認定なら弁護士が対応
相談着手金無料・全国対応の優和綜合法律事務所

※交通事故トラブル、弁護士に相談する前に

自分が加害者で過失割合が高い場合、弁護士に相談してもかえって経費がかさみ、損保の特約だけではカバーできないなど、弁護士に依頼するだけ損になるというケースが多く見られます。

また、被害者であっても、過失割合が 相手と同程度の場合は、弁護士費用の方が高くつくため、費用倒れになることがあります。

そのため、弁護士に依頼する際は、過失割合が10:0など自身に全く過失がない場合、もしくは、過失割合が8:2など有利な状況で、後遺障害等級が高い場合に、弁護士に相談することで損害賠償額を正当に受け取ることができます。