事前認定とは


事前認定とは

事前認定とは、加害者の加入する任意保険会社を通じて、後遺障害を認定する機関である「損害保険料率算出機構」に対し等級認定を依頼する方法です。

交通事故により傷害を負い、継続的な治療を必要とする場合、相手側の任意保険会社が自賠責分も立て替え、一括払いで支払うケースが一般的です。

事前認定は、任意保険会社が全て行うため、被害者は自ら書類や資料を揃える必要がありません。

ただし、損害賠償額を大きく左右する、後遺障害等級認定の手続きを加害者側に任せることになるため、適正な認定がなされるようにアドバイスしたり、書類・資料の不足を指摘してくれるようなことはありません。

つまり、必ずしも被害者側が満足できる後遺障害等級認定を受けることが出来ない可能性があるのです。

そのため、交通事故の被害者になった場合の後遺障害の申請は、被害者請求が勧められています。

優和綜合法律事務所で交通時の被害者救済
【PR】交通事故の後遺障害認定なら弁護士が対応
相談着手金無料・全国対応の優和綜合法律事務所

※交通事故トラブル、弁護士に相談する前に

自分が加害者で過失割合が高い場合、弁護士に相談してもかえって経費がかさみ、損保の特約だけではカバーできないなど、弁護士に依頼するだけ損になるというケースが多く見られます。

また、被害者であっても、過失割合が 相手と同程度の場合は、弁護士費用の方が高くつくため、費用倒れになることがあります。

そのため、弁護士に依頼する際は、過失割合が10:0など自身に全く過失がない場合、もしくは、過失割合が8:2など有利な状況で、後遺障害等級が高い場合に、弁護士に相談することで損害賠償額を正当に受け取ることができます。