交通事故に関する法律家の選び方


法律の専門家に依頼するメリット

専門家に依頼するメリットとしては、自分で交通事故の損害賠償請求に関する知識を付け、理解した上で保険会社や加害者と交渉や裁判を行う際に要する時間や労力を大幅に省くことが出来ます。

被害者になった場合でも、請求漏れをなくし、知識不足や理解不足により不利益を被ることを回避することができます。

また、弁護士・司法書士などの法律の専門家を代理人とすることで、保険会社や加害者との示談交渉・訴訟活動など全てを任せることが出来ます。

弁護士

何千万もの高額な損害賠償請求や解決困難な事案でも対応してもらえます。

大事故になると、高額の損害賠償が予想され、相手方との交渉も難航しがちです。

しかし、交通事故の問題に精通した弁護士に依頼することで、依頼者に代わり相手方との交渉を有利に運び、裁判になった際でも賠償金を勝ち取るために尽力してくれます。

裁判を起こされた場合、裁判による解決が必要な場合など、相談先の選択肢として弁護士が第一に候補に上がります。

司法書士

物損事故や少額な事案なら、弁護士と同様の活動が可能です。

裁判を起こしたい場合は、手続方法や書類作成について相談することができ、それに対するアドバイスを受けることが出来ます。

また、認定司法書士であれば、訴額が140万円未満の裁判に限り、 弁護士と同じく代理人として活動することが出来ます。

裁判以外でも、請求金額が140万円未満であれば、 示談交渉も可能です。

司法書士へ依頼するメリットしては、費用が比較的安価なため、気軽に相談できる点が挙げられます。

デメリットとしては、自賠責保険に携わることができず、自賠責後遺障害のサポートが出来ない点です。

行政書士

事故発生から示談交渉まで 訴訟以外の書類作成が可能です。

行政書士は、損害賠償請求書案、損害賠償請求書、異議申立書の作成が行えます。

できる限り理解しながら自分で対応したいけれど、書類作成方法や手続の進行の仕方が分からないといった場合は、行政書士に依頼することになります。

自分で自賠責の手続を済ませたい場合や、相手に内容証明で通知したい場合、後遺障害の認定に不服があり異議を申し立てをしたい場合などにサポートしてくれます。

優和綜合法律事務所で交通時の被害者救済
【PR】交通事故の後遺障害認定なら弁護士が対応
相談着手金無料・全国対応の優和綜合法律事務所

※交通事故トラブル、弁護士に相談する前に

自分が加害者で過失割合が高い場合、弁護士に相談してもかえって経費がかさみ、損保の特約だけではカバーできないなど、弁護士に依頼するだけ損になるというケースが多く見られます。

また、被害者であっても、過失割合が 相手と同程度の場合は、弁護士費用の方が高くつくため、費用倒れになることがあります。

そのため、弁護士に依頼する際は、過失割合が10:0など自身に全く過失がない場合、もしくは、過失割合が8:2など有利な状況で、後遺障害等級が高い場合に、弁護士に相談することで損害賠償額を正当に受け取ることができます。