自賠責保険


自賠責保険とは

自賠責保険は、強制保険とも呼ばれており、原則として公道を走る全ての自動車と原動機付自転車は、 自賠責保険に加入しないと運行出来ない決まりとなっています。自賠責保険は最低限の補償が受けられるようにするための保険です。

自賠責保険は、平成14年4月1日から民営化されていますが、国土交通省によって厳格に管理されています。

自賠責保険は、人身事故のみの補償となるため、物損事故についての補償等は一切ありません。

交通事故によって、自身や相手方の車やバイク、自転車が壊れたとしても、その修理代金などは支払われません。

自賠責保険の限度額と詳細

交通事故による傷害の場合に支払われる自賠責保険の限度額は120万円であり、この120万円の中には次のものがあります。

  1. 治療費
  2. 看護料金(家族などの近親者による付き添い1日4,000円)
  3. 入院時の雑費(1日1,100円まで)
  4. 休業損害(1日5,700円〜19,000円まで)

が含まれています。

死亡交通事故の場合は限度額が3,000万円までとなっており、これに含まれるものは次のものがあります。

  1. 葬祭費用(100万円まで)
  2. 逸失利益(定年まで働いていた場合の収入額-平均余命までの生活費×ライプニッツ係数)
  3. 遺族への慰謝料

を含めたものが補償額となります。

自賠責保険に請求する方法は、被害者が直接請求できる被害者請求と、加害者側の任意保険会社が請求する加害者請求というものがあります。

優和綜合法律事務所で交通時の被害者救済
【PR】交通事故の後遺障害認定なら弁護士が対応
相談着手金無料・全国対応の優和綜合法律事務所

※交通事故トラブル、弁護士に相談する前に

自分が加害者で過失割合が高い場合、弁護士に相談してもかえって経費がかさみ、損保の特約だけではカバーできないなど、弁護士に依頼するだけ損になるというケースが多く見られます。

また、被害者であっても、過失割合が 相手と同程度の場合は、弁護士費用の方が高くつくため、費用倒れになることがあります。

そのため、弁護士に依頼する際は、過失割合が10:0など自身に全く過失がない場合、もしくは、過失割合が8:2など有利な状況で、後遺障害等級が高い場合に、弁護士に相談することで損害賠償額を正当に受け取ることができます。