任意保険


任意保険とは

任意保険は車の所有者が任意で加入できる保険です。

任意保険の加入については義務付けられていませんが、自賠責保険に比べて幅広い自動車事故に対応可能な保険です。

任意保険の7つの種類

1.車両保険

契約している車両の損害を補償する保険です。

2.対人賠償保険

他人にケガをさせてしまったり、死亡させてしまった場合を対象とした保険です。法律上の損害賠償責任金額が、自賠責保険では支払いきれない金額を負担します。

3.対物賠償保険

他人の車や壁、ガードレールなど、物を破損させてしまった場合を対象とする保険です。

4.搭乗者傷害保険

運転手を含む、すべての同乗者を対象とした、ケガや死亡した場合に支払われる保険です。搭乗していた人の通院・入院に対し、1日あたりいくらという計算で支払いがされます。自賠責保険・対人賠償保険・自損事故保険などとは別に支払われます。

5.自損事故保険

自賠責保険では対象にならない人の傷害・死亡を担保する保険で、他の誰も巻き込まずに、自分だけで起こした単独事故の場合に適用される保険です。

6.無保険者傷害保険

相手が対人賠償保険に加入していない場合や、加入していても保険金が少なく、賠償金を支払う能力が無い場合に適用される保険です。ただし、軽症の場合やただのケガに対しては補償されません。

7.人身傷害補償保険

ケガをした場合の治療費等を、自身の過失部分も含めて全額負担してもらえる保険です。

優和綜合法律事務所で交通時の被害者救済
【PR】交通事故の後遺障害認定なら弁護士が対応
相談着手金無料・全国対応の優和綜合法律事務所

※交通事故トラブル、弁護士に相談する前に

自分が加害者で過失割合が高い場合、弁護士に相談してもかえって経費がかさみ、損保の特約だけではカバーできないなど、弁護士に依頼するだけ損になるというケースが多く見られます。

また、被害者であっても、過失割合が 相手と同程度の場合は、弁護士費用の方が高くつくため、費用倒れになることがあります。

そのため、弁護士に依頼する際は、過失割合が10:0など自身に全く過失がない場合、もしくは、過失割合が8:2など有利な状況で、後遺障害等級が高い場合に、弁護士に相談することで損害賠償額を正当に受け取ることができます。