交通事故に関する保険


交通事故に関して必ず出てくるのが自賠責保険と任意保険です。

「自賠責保険」は、車検とともに義務化され、強制保険とも呼ばれています。

「任意保険」は、民間の保険であり、自賠責保険とは異なり、任意で加入する保険です。

この2つの保険は、交通事故に遭った日から、最終的に保険会社との示談が終了するまで耳にする機会も多いため、それぞれ違いをきちんと理解しておきましょう。

優和綜合法律事務所で交通時の被害者救済
【PR】交通事故の後遺障害認定なら弁護士が対応
相談着手金無料・全国対応の優和綜合法律事務所

※交通事故トラブル、弁護士に相談する前に

自分が加害者で過失割合が高い場合、弁護士に相談してもかえって経費がかさみ、損保の特約だけではカバーできないなど、弁護士に依頼するだけ損になるというケースが多く見られます。

また、被害者であっても、過失割合が 相手と同程度の場合は、弁護士費用の方が高くつくため、費用倒れになることがあります。

そのため、弁護士に依頼する際は、過失割合が10:0など自身に全く過失がない場合、もしくは、過失割合が8:2など有利な状況で、後遺障害等級が高い場合に、弁護士に相談することで損害賠償額を正当に受け取ることができます。