交差点での直進車同士の出合い頭の事故


信号のある交差点

青信号と赤信号

過失割合 Aの過失 Bの過失
基本割合 100
修正要素 Aに何らかの過失あり又はBの明らかな先入 +10
Aの著しい過失 +10
Aの重過失 +20
Bの著しい過失 -5
Bの重過失 -10

黄信号と赤信号

過失割合 Aの過失 Bの過失
基本割合 20 80
修正要素 A赤直前の進入 +10
衝突時Bの信号青 +20
Aの著しい過失 +10
Aの重過失 +15
Bの著しい過失 -5
Bの重過失 -10

赤信号同士

過失割合 Aの過失 Bの過失
基本割合 50 50
修正要素 Aに何らかの過失あり又はBの明らかな先入 +10
Aの著しい過失 +5
Aの重過失 +10
Bの著しい過失 -5
Bの重過失 -10

信号のない交差点

道幅が同じ交差点

A/Bの速度が同程度の場合 Aの過失 Bの過失
基本割合 40 60
修正要素 見通しのきく交差点 -10
夜間 -5
B大型車 -5
Bの著しい過失 -10
Bの重過失 -20
A大型車 +5
Aの著しい過失 +10
Aの重過失 +20
A:減速せず B:減速 Aの過失 Bの過失
基本割合 60 40
修正要素 見通しのきく交差点 -10
夜間 -5
B大型車 -5
Bの著しい過失 -10
Bの重過失 -20
A大型車 +5
Aの著しい過失 +10
Aの重過失 +20
A:減速 B:減速せず Aの過失 Bの過失
基本割合 20 80
修正要素 見通しのきく交差点 -10
夜間 -5
B大型車 -5
Bの著しい過失 -10
Bの重過失 -20
A大型車 +5
Aの著しい過失 +10
Aの重過失 +20

一方通行違反がある場合

過失割合 Aの過失 Bの過失
基本割合 20 80
修正要素 B大型車 -5
Bの著しい過失 -10
Bの重過失 -20
夜間 +5
A大型車 +5
Aの著しい過失 +10
Aの重過失 +20

道幅が明らかに異なる交差点

A/Bの速度が同程度の場合 Aの過失 Bの過失
基本割合 30 70
修正要素 見通しのきく交差点 -10
Bの明らかな先入 +10
A大型車 +5
Aの著しい過失 +10
Aの重過失 +20
B大型車 -5
Bの著しい過失 -10
Bの重過失 -20

A:減速せず B:減速 Aの過失 Bの過失
基本割合 40 60
修正要素 見通しのきく交差点 -10
Bの明らかな先入 +10
A大型車 +5
Aの著しい過失 +10
Aの重過失 +20
B大型車 -5
Bの著しい過失 -10
Bの重過失 -20

A:減速 B:減速せず Aの過失 Bの過失
基本割合 20 80
修正要素 見通しのきく交差点 -10
Bの明らかな先入 +10
A大型車 +5
Aの著しい過失 +10
Aの重過失 +20
B大型車 -5
Bの著しい過失 -10
Bの重過失 -20

一方に一時停止の規制がある交差点

A/Bの速度が同程度の場合 Aの過失 Bの過失
基本割合 20 80
修正要素 A大型車 +5
Aの著しい過失 +10
Aの重過失 +20
B大型車 -5
Bの著しい過失 -10
Bの重過失 -20

A:減速せず B:減速 Aの過失 Bの過失
基本割合 30 70
修正要素 A大型車 +5
Aの著しい過失 +10
Aの重過失 +20
B大型車 -5
Bの著しい過失 -10
Bの重過失 -20

A:減速 B:減速せず Aの過失 Bの過失
基本割合 10 90
修正要素 A大型車
Aの著しい過失 +10
Aの重過失 +20
B大型車 -5
Bの著しい過失 -10
Bの重過失 -20

B一時停止後進入 Aの過失 Bの過失
基本割合 40 60
修正要素 A大型車
Aの著しい過失 +10
Aの重過失 +20
B大型車 -5
Bの著しい過失 -10
Bの重過失 -20

一方が優先道路

過失割合 Aの過失 Bの過失
基本割合 10 90
修正要素 Bの明らかな先入 +10
Aの著しい過失 +15
Aの重過失 +25
B大型車 -5
Bの著しい過失 -10
Bの重過失 -15

歩行者用押しボタン信号「青」、車両用信号なし、交差道路赤信号の場合

過失割合 Aの過失 Bの過失
基本割合 10 90
修正要素 Aに何らかの過失あり又はBの明らかな先入 +10
Aの著しい過失 +10
Aの重過失 +20
A減速 -10
Aの一時停止後進入 -15
Bの著しい過失 -10
Bの重過失 -20

※これらの事故の過失割合は、一般的な典型例となります。実際の交通事故においては、詳細な条件により、過失割合は異なります。

優和綜合法律事務所で交通時の被害者救済
【PR】交通事故の後遺障害認定なら弁護士が対応
相談着手金無料・全国対応の優和綜合法律事務所

※交通事故トラブル、弁護士に相談する前に

自分が加害者で過失割合が高い場合、弁護士に相談してもかえって経費がかさみ、損保の特約だけではカバーできないなど、弁護士に依頼するだけ損になるというケースが多く見られます。

また、被害者であっても、過失割合が 相手と同程度の場合は、弁護士費用の方が高くつくため、費用倒れになることがあります。

そのため、弁護士に依頼する際は、過失割合が10:0など自身に全く過失がない場合、もしくは、過失割合が8:2など有利な状況で、後遺障害等級が高い場合に、弁護士に相談することで損害賠償額を正当に受け取ることができます。