交通事故に遭ったら法律家に相談しましょう。

法律家と一概にいっても、全ての法律家が交通事故に関して精通しているわけではありません。

そのため、交通事故に遭った際は、交通事故に関する分野に精通した法律家に依頼することが最も適切な方法であると言えます。


本当に交通事故に強い法律家は、被害者と利害が対立する保険会社や、代理人などの相手方の狙いや交渉手段を熟知して先回りすることができ、結果的に依頼者の正当な権利を最大限に勝ち取ることが出来ます。


交通事故に遭ってしまい、「自分で解決できるか不安」、「過失割合の折り合いがつかない」、「裁判を起こされた」などといった場合は、弁護士をはじめとした法律の専門家に依頼することで、難航しがちな交渉を有利に進めることができ、裁判になった場合でも正当な損害賠償金を勝ち取るために力になってくれます。


※交通事故トラブル、弁護士に相談する前に

自分が加害者で過失割合が高い場合、弁護士に相談してもかえって経費がかさみ、損保の特約だけではカバーできないなど、弁護士に依頼するだけ損になるというケースが多く見られます。

また、被害者であっても、過失割合が 相手と同程度の場合は、弁護士費用の方が高くつくため、費用倒れになることがあります。

そのため、弁護士に依頼する際は、過失割合が10:0など自身に全く過失がない場合、もしくは、過失割合が8:2など有利な状況で、後遺障害等級が高い場合に、弁護士に相談することで損害賠償額を正当に受け取ることができます。


【PR】交通事故被害者を完全バックアップします!
弁護士が示談交渉するだけで和解金が大きく違います。



交通事故に遭ったらまず行うこと

交通事故は、日常的に起こりえるもので、誰しも交通事故の被害者、加害者、目撃者になる可能性はあります。

突発的なアクシデントが起きると、慌てて正常な判断ができなくなることもあるかとは思いますが、まずは落ち着いて冷静に行動することが大切です。



1.二次災害の防止

後続車両等による二次災害が起きないように、事故車両等は移動が可能であれば安全な場所へ移動させて下さい。

また、当事者の方、関係者全員の安全を確保して下さい。事故車両や車道からは離れて安全な場所で話をするようにしましょう。


2.警察へ届ける

事故が起きた場合、警察に報告義務があるのは加害者側ですが、怪我を負った場合は「人身扱い」の届出が大事になるので、被害者が届け出ることも必要です。

後で「交通事故証明書」を取付けるために必要な場合があるので、たとえ小さな事故でも必ず警察に事故届をしてください。


3.相手を確認

被害者の確認事項には以下のものがあります。

  • 加害者の住所、氏名、連絡先
  • 加害者が加入している自賠責保険(共済)、自動車保険の会社(組合)名、証明書番号など
  • 加害車両の登録ナンバー
  • 相手の自賠責保険と任意の自動車保険の保険会社名・契約者名
  • 勤務先と雇主の住所、氏名、連絡先(※業務中に従業員が事故を起こせば、運転者だけでなく雇主も賠償責任を負う場合があります。)

4.目撃者の確認

事故を目撃した第三者がいた場合は、万が一、相手方とのトラブルになった際に効果があるため、その証言を記録しておきましょう。

また、氏名や連絡先を聞いておき、必要であれば証人になってもらうようにお願いしておきましょう。


5.事故状況の確認

できれば事故直後の記憶が鮮明なうちに、現場の見取図や事故の経過、写真などの記録を残しておきましょう。

賠償交渉の際に、お互いの言い分が噛み合わずに、決着がつかなくなる場合もあるため、事故状況を確認しておくことは大切です。


6.加入している保険代理店、もしくは保険会社へ連絡

事故現場での処置が一通り終わったら、事故の大小に関わらず、事故内容を代理店または保険会社に連絡してください。

自己の判断で示談にせずに、必ず事前に保険会社に連絡を入れてください。


過失割合が100対0の場合

交通事故の被害者になり、過失割合が100対0の場合、弁護士に依頼すれば、大幅に損害賠償の引き上げが見込めます。

また、保険会社が提示した過失割合に納得が行かなかった場合でも、弁護士が間に入ることにより、過失割合の見直しが有利に修正されることもあります。


保険会社の提示額に不満がある場合は、交通事故案件に強い弁護士に相談することをお勧めします。


優和綜合法律事務所で交通時の被害者救済
【PR】交通事故の後遺障害認定なら弁護士が対応
相談着手金無料・全国対応の優和綜合法律事務所

※交通事故トラブル、弁護士に相談する前に

自分が加害者で過失割合が高い場合、弁護士に相談してもかえって経費がかさみ、損保の特約だけではカバーできないなど、弁護士に依頼するだけ損になるというケースが多く見られます。

また、被害者であっても、過失割合が 相手と同程度の場合は、弁護士費用の方が高くつくため、費用倒れになることがあります。

そのため、弁護士に依頼する際は、過失割合が10:0など自身に全く過失がない場合、もしくは、過失割合が8:2など有利な状況で、後遺障害等級が高い場合に、弁護士に相談することで損害賠償額を正当に受け取ることができます。